任意で加入できる自動車保険の内容とは

自動車を運転する場合には、自賠責保険への加入が必須となっています。加入している証拠がない場合には、原則として車検を通過することもできません。いっぽうで、世間の7割ものドライバーはそれ以外に民間の損害保険会社が提供している保険にも加入しています。これは、相手方への補償しかないものを、示談交渉や自身の補償をカバーする内容となっています。これほど自動車が家庭レベルにまで普及している状況のもとでは、実際に両方に加入しておかなければ自動車に関連したリスクに対応することが難しくなっていますし、任意保険のほうには多様な内容の補償が揃っています。

人と物の両方について補償の対象となる

自賠責保険は保険料をすべてのドライバーから広く薄く募ることにより、最低限の被害者保護を図る観点から、被害者への対人賠償に特化しています。しかし損害保険会社が取り扱う任意の自動車保険は、自賠責保険とは違い、相手ではなくドライバー側に発生した人身上の損害も補償できるほか、物損の場合も自他ともに補償の対象とすることができる内容になっています。具体的なメニューとしては、搭乗者傷害保険や対物賠償保険、車両保険などが挙げられます。これらのメニューのなかからドライバーの希望に応じて契約するものを選択し、組み合わせてオリジナルな内容にできるのが特徴的なところです。そのほかにも被害者との示談交渉サービスや車両トラブル時のロードサービスなどの付随するサービスが使えるところもメリットになっています。

補償される金額が手厚くなっている

自賠責保険を請求してる保険金が受け取れる場合であっても、被害者の死亡で3,000万円、重度障害かつ常時介護の場合で4,000万円が金額の上限になっており、単なるケガの場合は120万円と極端な少ないのが実情です。他方、任意の自動車保険に加入していた場合には、契約内容によってその金額を大きく上積みすることができます。対人賠償の場合、通常は保険金額を無制限にすることもできるため、被害者から高額の損害賠償金を求められたとしても、ほとんどあらゆるケースで対応が可能です。また自賠責保険では補償の対象にならない対物賠償や車両の損害も補償が可能で、この場合も対物無制限などの契約をすることができます。ただし保険金額が大きくなればドライバーが負担しなければならない保険料も重くなりますので、リスクと保険金の兼ね合いが重要になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加