任意の自動車保険を契約する必要性

自動車は便利で快適な乗り物ですが、これだけモータリゼーションが進んだ現在では、走行中にさまざまなアクシデントに見舞われる可能性も高くなってきています。ドライバー自身にはまったく過失がなかったとしても、相手の行為に巻き込まれてしまうことも考慮しなければなりません。こうしたリスクに備えるため、国では自動車保険制度を法律で定めて運用しています。しかしそれだけでは不十分な点が多いため、任意で加入することができる保険も検討する必要があります。両者は一見すると似ているようではありますが、細かく見れば守備範囲や保険金の手厚さなどには大きな開きがあり、そのことをあらかじめ知っておくことが重要です。

保険の種類によって内容に違いがある

自賠責保険は法律により義務付けられたものですが、ドライバーの誰もが加入できるようにするため、最小限の負担にとどまるようになっています。そのため保険料はきわめて安価なのが特徴ですが、同時にいざという時に補償される内容も最小限にとどまっている点はウイークポイントです。自動車の運行にともなう死亡や後遺障害のケースでも保険金が下りるのは最高でも4,000万円までで、被害者側に対する補償しかなされませんし、物損の場合は対象外となっています。いっぽう、任意の自動車保険に加入すれば、被害者に対してもさらに手厚い保険金が支払われるほか、契約のメニューによってはドライバー自身のケガや車両の修理などのためにも保険金を使うことができるようになるため、リスクに対応できる幅が格段に広がります。

現代では高額賠償に対する備えも重要

自動車の運転中に加害者の立場となってしまった場合に、真っ先に考えなければならないのが相手に対する損害賠償です。通常は保険会社のスタッフが相手との示談交渉に当たりますが、もしも交渉が決裂してしまった場合、民事裁判に訴えられてしまうことも珍しいことではありません。最近の裁判所の判例を見る限りでは、年々損害賠償も高額になってきています。たとえば死亡させた相手が医師や弁護士などのキャリアを持つ人だった場合には5億円近い判決が出たこともありますし、物損でも大勢の旅客を運んでいる列車との接触で1億円以上の判決があります。こうした高額賠償のケースでは自賠責保険による保険金ですべてをまかなうことは困難で、特に物損についてはまったく補償されないため、任意保険の契約をする必要性は高くなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加