自動車保険の任意保険について詳しく教えます

自動車保険には大きく2種類あります。自賠責保険は法律にもとづき公道を運行する自動車のすべてに加入が義務付けられているもので、ケガが死亡などの人身上の損害を負った被害者に対する最低限度の救済を図る目的で制度化されました。しかし自賠責保険が最低限度にしかならない以上、これだけではカバーできない被害はいくらでもあります。そこで任意保険として、義務としてではなくドライバーの希望に応じて損害保険会社と契約をするタイプの保険も別に存在しています。この場合にも詳細を見るとさまざまな種類に分かれているため、まずは必要性の高い契約は何かを把握することが重要です。契約の内容によって、いざという時の補償の範囲も異なるほか、定期的に支払う保険料の金額にも影響します。

人身の被害に備える保険の多彩なラインナップ

加入が義務付けられている自動車保険ですが、任意保険はあくまでも強制ではないので加入の有無は問われません。ですが、加入していないと万が一のときに大変なことになります。なぜならば、その保険でしか補償されない場合があるからです。自賠責保険では被害者分しか対象になりません。そのため、加害者側になった場合のドライバーや同乗者のケガ、後遺障害または死亡などの損害に対応するため、搭乗者傷害保険や人身傷害保険などの補償を受けるときは専用の保険に加入しておく必要があります。そのため、保険会社でも豊富なラインナップが取り揃えられているのが普通です。補償内容が大きく変わってくるので、違いを知っておきましょう。

自賠責保険と違い物損についても対象となる

自動車の運転にともない加害者となる場合でも、相手の被害は人身だけとは限らず、車両を傷付けたり、沿道にある商店や住宅を破壊することもあります。こうした物損の被害については自賠責保険ではいっさい保険金支払いの対象にはなりませんので、やはり任意保険でまかなう必要があります。対物賠償保険は相手の車両や持ち物、沿道の店舗などの物に対する被害への損害賠償に充てるための内容です。いっぽうドライバー側でも車両の損傷などの被害をこうむることがありますので、その場合に対応しているのが車両保険と呼ばれる契約です。そのほかにもオプションとして個人賠償責任特約などがあり、自動車以外にも自転車に乗っていて他人と衝突してケガをさせたり、飼い犬と散歩中に通行人にケガを負わせるなどの事例でも活用が可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加